北海道価値創造パートナーシップ

タイトル・パートナーシップ活動とは

パートナーシップについて

本格的な人口減少時代においては、「人」こそが資源であり、地域のポテンシャルを発揮させるためには、

イノベーションを生み出す創造的な人材
生み出された価値の普及に携わる人材
地域経済社会の担い手となる人材

が不可欠となっており、これまで以上に人的資源の開発に着目することが重要です。

地域の価値創造力は、地域や住民の主体性を基礎として、多様な人材が活発な交流やコミュニケーションを経験することで醸成されます。
それには、地域社会に活気をもたらし様々な創発の源となる人々の多様性を確保し、向上させることが必要です。そして、北海道で地域づくりに携わる人材を中心に、多様な人々が引きつけられ、暮らしやすく活躍しやすい環境を北海道内各地で創り出していくことにより、人々の新たな流れが生まれ、道内各地そして北海道全体が人々の対流を引きつける「磁場」となることが求められています。

そこで、多様な人材の緩やかな「つながり」とコミュニケーションの「ひろがり」を促進し、関係者が連携し、情報共有を行うことで、地域づくり人材の広域的・横断的な支援や協働の拡大・充実を図ることを目的として、平成28年11月、プラットフォーム「北海道価値創造パートナーシップ」を発足しました。

このプラットフォームでは、主に以下の3つの活動に取り組んでいきます。

1
地域サポート力の
向上に資する取組
2
北海道内外の
人材交流の場づくり
3
優良な取組の
評価・普及
活動のイメージ・図
活動のイメージ・図s

 Top